ご挨拶

kobatake.jpg

   計算解剖学は、大きな変動を伴う解剖構造の的確な理解や病気の診断、あるいは手術シミュレーションなどにおいて強力な手段となるものです。そこでは複雑な対象の知的セグメンテーションやモデリング、三次元画像理解、先端的パターン認識、マンマシン・インターフェース、バーチャルリアリティなどの技術分野を含み、その技術分野は大きく広がりかつ深化してきております。しかし、計算解剖学の対象はこれまで主として脳に焦点が当てられてきており、胸腹部においては学術的に不十分な状態にあります。    このギャップを埋めるべく、平成21年度より研究が開始されたのが、文科省科学研究費補助金新学術領域研究の支援の下に組織された「医用画像に基づく計算解剖学の創成と診断・治療支援の高度化(略称:計算解剖学)」です。 このプロジェクトでは、胸腹部に主な狙いを定め、医用画像上で人体の解剖を可能にする数学的枠組みを含む新しい学術の創生を狙いとしております。主な課題は以下の3点です。

  1. 個体差が極めて大きい解剖構造を統計数理的に記述できる計算解剖モデルの表現方法や、膨大な個体数の画像データからモデルを構築する方法の開発
  2. そのモデルに基づき、人体を解剖したときに得られる情報と等価な人体構造情報を医用画像から頑健かつ精密に得られるようにすること
  3. さらに、その技術に基づき、診断や治療を高度に支援できる応用技術の開発

   これらの課題の解決を通して、画像診断・治療技術の高度化、基礎医学研究・教育などへの貢献、さらには高次元画像処理の開発を通して情報学にも多大な寄与が期待できるものと考えております。関係の皆様のご支援をお願いする次第です。

領域代表 小畑秀文(東京農工大学)

添付ファイル: filekobatake.jpg 1637件 [詳細]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-03 (Tue) 11:24:15 (1390d)