第1回計算解剖学基礎ワークショップ

ワークショップの写真

日時

  • 2011年8月25日 13:30-18:00

場所

  • 名古屋大学IB電子情報館南棟462号室

目的

  • 計算解剖学の基礎的手法に関して、領域内の研究連携を促進するため、研究内容を互いに理解し、共同研究・連携の可能性についての討論を行う。

対象者

  • 文部科学省科学研究補助金「計算解剖学」の計画班、公募班の研究に携わる者(教員、博士研究員、学生など)

プログラム

  • 13:30- オープニング
  • 13:35- 研究発表
    • 腹部3次元CT像からの臓器領域抽出における複数アトラス利用に関する検討, 小田昌宏(森班)
    • ランドマーク周辺アピアランスモデリングによる検出処理およびFP削減処理, 根本充貴(増谷班)
    • 複数臓器の統計アトラスによる腹部CT画像セグメンテーション, 岡田俊之(佐藤班)
    • CT画像における臓器位置の自動検出, 周 向栄(藤田班)
  • 休憩
  • 15:20- 研究発表
    • 形状の考慮可能なBoostingおよび階層モデルについて, 清水昭伸(清水班)
    • Bag-of-Wordsを用いた胸部HRCT像の陰影鑑別及び統計形状モデル作成手法の概要, 徐 睿(木戸班)
    • ランドマーク候補組み合せにおける破格および撮像範囲外推定の問題, 花岡昇平(増谷班)
    • CT画像からの筋骨格セグメンテーション:マルチアトラス法と統計予測法の比較, 横田太(佐藤班)
    • Point Distribution Modelのためのグラフィカルモデルの構造推定の試み, 本谷秀堅(増谷班)
  • 休憩
  • 17:20-18:00 討論

問い合わせ先

大阪大学大学院 医学系研究科 放射線統合医学講座 画像解析学グループ
[准教授]佐藤 嘉伸 Mail: yoshi @ image.med.osaka-u.ac.jp Tel: 06-6879-3562


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-03 (Tue) 11:24:15 (1450d)